ディズニーは障害者手帳でチケットの割引対応やアトラクションの優先はあるの?

この記事は6分で読めます

ディズニー 障害者
Sponsored Link
この記事はこんな人におすすめです!

◆ディズニーで障害者割引があるのか知りたい人

◆ディズニーの障害者サービスを知りたい人

 

いつも混雑しているディズニーリゾート。

人気アトラクションにいたっては、1時間2時間待つのは当たりまえ(;’∀’)

 

ディズニーに遊びに来た障害者の方たちにとっては、

せっかくのアトラクションがちょっとしんどい時間になってしまいますよね…。

 

障害者手帳を持っていれば、料金が割引されたりなど、

いろいろな観光施設で、障害者の方たちの優遇措置はありますね。

 

では、ディズニーリゾートではどうなのでしょう。

チケットなどの割引やアトラクションの優先サービスなどはあるのでしょうか?

 

ディズニーリゾートでは障害者の方はいったいどんなサービスを受けることができるのか?

今回はそちらについて調べてみました。

Sponsored Link

ディズニーは障害者手帳を使ってチケット料金の割引は出来るの?

「障害者手帳を持っていればチケットの割引は効くよね?」

というように気になる方はいると思いますが、

ディズニーリゾートでは、障害者手帳によるチケットの割引などは残念ながらありません(´;ω;`)

 

ですから、チケット料金は一般的な通常料金と同じです。

 

私もこれは意外だと思ったのですが、

ディズニー特有のあくまでも平等という理念からきているのかもしれませんね。

 

でも、障害者の方々をサポートするサービスはしっかりとありますのでご安心ください☆

 

ディズニーの障害者サービスはどんなものがあるの?

ディズニー 障害者 サービス

ディズニーでは障がいのある方や妊娠中や高齢の方など一時的に体の機能が低下している方でもパークを効率よく楽しんでいただけるようにサービスや施設が充実しています。

 

①ディズニーリゾートライン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kei.o.disneyさん(@kei.ow)がシェアした投稿

ディズニーリゾートラインは東京ディズニーリゾートでの移動に便利なモノレールです。

4つのステーションに停車しますが各ステーションにはエレベーターがあります。

 

プラットホームとモノレールの間には約5センチの隙間と3センチの段差があります。

簡易スロープを利用される方はキャストに声をかければOKです。

 

モノレールの3両目と4両目には車いす専用スペースがありますので車いすをご利用の方はこちらの車両がおすすめです。

優先座席もあります。

 

②ゲストパーキング

 

この投稿をInstagramで見る

 

seichan@disneyさん(@seichanatdisney)がシェアした投稿

ディズニーの駐車場には障害者専用エリアが存在します

エントランス近くや広いスペースに駐車を希望される方はパーキングエントランス(料金所)のキャストにご相談ください。

 

③車イス&電動カートのレンタル

Sponsored Link

有料で車いすの貸し出しを行っております。

18歳以上の方は電動カートもレンタル(有料)することができます。

 

④車イスをご利用の方

一部のエンターテインメントショーでは車イス(バギーを含む)、電動車イスをご利用の方のスペースが用意されています。

「東京ディズニーランド・トゥデイ」「東京ディズニーシー・トゥデイ」で確認するかキャストに尋ねてみてくださいね。

 

レストランではお手伝いが必要な時はキャストに声をかけると対応してくれます。

 

⑤聴覚障がいがある方

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kotamu05010611がシェアした投稿

パークには手話を勉強中のキャストがいます。

胸に手話をしているミッキーの手が書かれているピンを付けています。

 

また一部のアトラクションやエンターテインメント施設のセリフや歌詞を自動で字幕表示する「ディズニーハンディガイド」を無料(保証金1000円)で貸し出しています。

 

東京ディズニーランドのメインストリート・ハウス、東京ディズニーシーのゲストリレーションで借りることができますので利用してみてくださいね。

 

電話での問い合わせが困難な場合は、お問い合わせフォームを利用してください。

 

⑥視覚障がいがある方

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの各テーマランドやテーマポートの紹介、アトラクション、レストラン、ショップなどの案内を収録したインフォメーションCDと点字を施した触地図を用意しています。

 

以下の施設で配布しています。

東京ディズニーランド メインストリート・ハウス
東京ディズニーシー
  • ゲストリレーション
  • 東京ディズニーシーインフォメーション(ディズニーリゾートラインの東京ディズニーシー・ステーション下)

 

以下の場所には常設触地図があります。

東京ディズニーランド ①東京ディズニーランドエントランス 

メインストリート・ハウス(音声仕様)

ワールドバザール

②ウエスタンランドトムソーヤ島いかだ乗り場の前

東京ディズニーシー ①ディズニーシー・プラザ

ゲストリレーション(音声仕様)

カードバンキング付近

②メディテレーニアンハーバー

マーチャント・オブ・ヴェニス・コンフェクション前

 

また現在地を音声で案内してくれるディズニーハンディガイドを東京ディズニーランドのメインストリート・ハウス、東京ディズニーシーはゲストリレーションで、無料(保証金1,000円)で貸し出しています。

本人確認が必要ですのでご注意ください。

 

⑦インフォメーションブック

これまでご紹介したサービスの内容や、アトラクション・レストランについて詳しく書かれたインフォメーションブックをこちらからダウンロードすることができますのでご利用ください。

 

障害者であればディズニーアトラクションの待ち時間の優先はあるの?

いくら設備が整っていても、長時間待つのは障害者の方たちにはキツイ場合が多いです…。

しかしディズニーリゾートでは、その待ち時間を優遇してくれる「ゲストアシスタントカード」というものがあったのですが、2019年7月17日をもって廃止されました。

 

それに変わり「ディスアビリティアクセスサービス」と「合流利用サービス」が開始されています。

 

対象施設
▼東京ディズニーランド

・すべてのアトラクション

・ウッドチャック・グリーティングトレイル

・ミッキーの家とミート・ミッキー

 

▼東京ディズニーシー

・すべてのアトラクション

・ヴィレッジ・グリーティングプレイス

・“サルードス・アミーゴス !” グリーティングドック

・ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル

・アリエルのグリーティンググロット

 

ディスアビリティアクセスサービス

ご本人が長時間並ぶことが困難な場合、グループの方全員が待ち時間を列以外の場所で待機することができるサービスです。

対象施設のキャストに登録に使用したパークチケットを提示することでこちらのサービスを受けることができます。

 

別の場所で待機する時間は列に並んでいる時間とみなされていますのでその間に他の対象施設を利用することはできません。

待ち時間を短縮するサービスではありませんのでご注意ください。

視覚障がい・精神障がい・知的障がい・発達障がいのある方が施設を利用する場合は、健常者の同伴が必要です。

 

対象となる方
身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(愛の手帳、緑の手帳)、被爆者健康手帳、戦場傷病者手帳をお持ちの方

 

発行方法
利用を希望される方は、ディスアビリティアクセスサービスの登録を行なってください。

ディスアビリティアクセスサービスの登録は、利用する対象施設のほか、東京ディズニーランドのメインストリート・ハウス、または東京ディズニーシーのゲストリレーションで承ります。その際、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(愛の手帳、緑の手帳)のいずれかとグループの方全員のパークチケットを提示してください。

 

注意事項
  1. 登録の際、利用時の本人確認に使用する写真を撮影させていただきます。
  2. ディスアビリティアクセスサービスで待ち時間の短縮はできません。
  3. お手伝いの内容やアトラクションの特性により、通常列に並ぶ時間より長くなる場合があります。
  4. アトラクションの利用規定を満たしていないなどの場合は利用できません。
  5. アトラクションはご本人のほかグループの方5名、計6名まで利用できます。キャラクターグリーティング施設はご本人のほかグループの方9名、計10名まで利用できます。なお、グループの人数が多い場合は、ご本人以外のグループの一部の方に列に並んでいただき、乗り場で皆さんが合流できるよう案内することがあります。

 

合流利用サービス

ご本人が長時間列に並ぶことが困難な場合、列以外の場所で待機することができます。

ご本人以外のグループの方は列に並ばなければなりません

乗り場でご本人がグループのみなさんと合流する形となります。

 

待機中は列に並んでいる時間とみなされていますので他の対象施設を利用することはできません。

キャストに合流利用サービスを受ける旨を伝え本人のパスポートを提示すれば合流時間を指示してくれます。

 

合流利用サービスは登録や障害者手帳の確認などは行いません。

 

対象となる方
車イスを利用している方や高齢の方、妊娠中の方、疾病や負傷などにより体の機能が低下している方

 

ディズニーの障害者の方のサービスまとめ

ディズニーでは他のテーマパークなどに比べると障がい者の方の入園料の割引などのサービスはありませんが障がいをお持ちの方のパークでの負担を軽減するためのサービスが充実していることがわかっていただけたのではないでしょうか?

 

車いすの方など障がいをお持ちの方にとってディズニーでの一番の負担はアトラクションの待ち時間と言えます。

ディズニーでは、その待ち時間の負担を軽減させるためにゲストアシスタントカードというものが発行されていましたが、2019年7月をもって廃止されることとなりました。

 

それに変わり「ディスアビリティアクセスサービス」と「合流利用サービス」が開始されています。

ゲストアシスタントカードと同じように、待ち時間を他の場所で待機することができるサービスとなります。

 

ディスアビリティアクセスサービスは障害者手帳や療育手帳などの手帳を持っている方が受けられるサービスで、登録が必要となります。

 

合流利用サービスは、車イスの方はもちろんですが手帳を持っていない妊婦さんや高齢者の方が対象となっており登録の必要はありません。

しかし、こちらの場合は同伴者の方は列に並ばなければなりませんのでご注意くださいね。

 

他にもさまざまなサービスがディズニーでは実施されています。

詳しくはコチラをご確認ください。

この記事を読んだ、あなたにおすすめの記事はこちら☆

▼ガイドブックでディズニーを完全制覇☆▼
ディズニーガイドブックおすすめ2018!TDLとTDSを完全網羅!子供用や荷物の多い人向け!


▼ディズニー好きな人と結婚しよう!趣味コンと相性診断で確率UP!▼
ディズニー好きな人と結婚したいなら趣味コンと相性診断がマスト!


▼ディズニーで赤ちゃんを連れていく場合はベビーカーレンタルがベスト♪▼
ディズニーでベビーカーのレンタルは何歳まで?持ち込みが邪魔で盗難が心配な人に魅力的なアイテムを紹介!


▼ディズニーであなたが持っていくべき持ち物を事前にチェック!▼
ディズニーの持ち物リスト!優先度が高いあなたが持っていくべき最適な物厳選5選!

Sponsord Link

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

参考になりましたらツイッターやフェイスブックでシェアをしていただけると非常に嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ディズニー周辺の家族向けやカップル向けの格安ホテル情報はこちら

USJへ行く人はこちらのブログも参考にしてね

このブログについて

このブログでは、TDLやTDCのディズニーリゾートについてのお得な情報や裏技など色々な情報を紹介しています。

ディズニーリゾートに行く方にとって参考になればとても嬉しいです♪

記事の内容が役に立った場合はSNSなどでシェアしていただければ非常に嬉しいです。是非よろしくお願いいたしますm(_ _)m

もしわからない事があれば調べますのでお問い合わせくださいね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人気ブログランキング参加中

カテゴリー

ディズニー裏マニア公式ツイッター

アーカイブ