ディズニー裏マニアのインスタフォロワー様120000人突破!ブログでは書いていない最新情報を発信中!

アクアトピアびしょ濡れコースの違いは?期間は夏だけ?ずぶ濡れ確定!

アクアトピア びしょ濡れコース 期間 夏

Sponsored Link

東京ディズニーシーには、絶叫系をはじめ、数多くのアトラクションがあり、

どのアトラクションも大人でも子どもでも楽しめるものになっています。

 

その中でもアクアトピアというアトラクションに、夏の期間だけ通常とは違うコースが楽しめることは、ご存じでしょうか?

 

この記事を見に来た人は

「ディズニーシーにあるアクアトピアってどんなコースがあるか知りたい!」

「アクアトピアのびしょ濡れコースってどんなコースなの!?」

「びしょ濡れコースの期間はいつやっているの?」

という事が気になっているのではないでしょうか?

 

びしょ濡れコースはずぶ濡れになること間違いないんですよ!

私も実際に乗ってみましたが濡れすぎてしまって…暑い夏にはとってもふさわしいコースでした(笑)

 

今回は、そんなアクアトピアの期間限定びしょ濡れコースや普通のコースとの違い、期間などについてご紹介していきます。

 

この記事を見る事で

アクアトピアを最大限に楽しめて友達と一緒に盛りあがれる!

びしょ濡れコースを乗って子供の笑顔がたくさん見れる!

夏だけの限定なので友達に自慢が出来る!

情報を知っておくだけでこんな良いことがあるかもしれません☆

アクアトピアのアトラクション情報

場所 ディズニーシーのポートディスカバリー
アトラクションの種類 ライドアトラクション
人数 2人乗り
ファストパス なし

 

アクアトピアは、ディズニシーのポートディスカバリーにあります。

 

3人乗りのウォーターヴィーグルと呼ばれる乗り物に乗りこんで、渦巻きや間欠泉、滝などが点在しているコースを進みます。

レールがない水上のコースを進むので、どこに行くのかは予測不可能です!

 

絶叫系とは違いますが、ハラハラドキドキ感を味わうことができるアトラクションです!

 

コースは、パーク側と海側の2種類のコースがあります。

 

海側のコースは、海に落ちるか落ちないかのギリギリなところまで進みます。

かなり迫力があり、人気のコースです。

 

パーク側のコースは海側のコースよりは迫力に欠けますが、夜にはライトアップを楽しみながらアトラクションも楽しむことができるので、かなりおすすめです。

 

並ぶときに別々に並ぶので、どちらのコースに乗りたいか予め決めておく必要がありますね。

 

Sponsored Link

アクアトピアのびしょ濡れコースとは?普通のコースとの違いは何?

ここからが今回の本題、びしょ濡れコースについて見ていきましょう。

 

まずは、びしょ濡れコースと普通のコースの違いについて。

何が違うのでしょうか?

 

結論から言いますと、コースそのものに違いはありません!

パーク側、海側どちらのコースでもびしょ濡れコースが楽しめます。

 

びしょ濡れコースでは、通常より放出される水の量が多くなります。

 

「普段から設置されているスプリンクラーが夏の暑さで壊れやすくなってしまい、もしかすると水が普段より多く出てきちゃうかも!」

というストーリーのもと、水量がアップします。

 

ちなみに、パーク側のコースの方がスプリンクラーの数が多いので、よりびしょびしょになれますよ!

ずぶ濡れになりたい方には、パーク側のコースをおすすめします!

 

Sponsored Link

アクアトピアのびしょ濡れコースの期間夏だけなの?いつ乗れるの?

アクアトピアのびしょ濡れコース、なんだか楽しそうですよね?

では、いつ行けば、びしょ濡れコースを体験することができるのでしょうか?

 

その答えは、夏です!

びしょ濡れコースは夏の期間7~9月限定で行われます。

 

ただし、年ごとの気温によっても期間が変わることがあるので、その期間については随時確認する必要があります。

 

Sponsored Link

アクアトピアのびしょ濡れコースはどれだけ濡れるの?

びしょ濡れコースはどれだけ濡れるのか皆さん気になりますよね(^_^;)

 

「びしょ濡れコースってどれくらい濡れるのか心配…」

「着替えが必要なの?」

「子供でも乗って大丈夫なの?」

 

このような悩みがあると思いますが…

びしょ濡れコースはの濡れ方は、一言でいうとヤバいです!

 

おそらく、みなさんの想像している以上だと思います( ̄▽ ̄;)

 

上半身は、髪から水が滴るほどには濡れます。

まるでお風呂上りのような感じになってしまいます!

 

夏の暑い時期にびしょ濡れになるのは気持ちがいいですよね!

暑さを紛らわしてくれます。

 

でもディズニーシーの夜は夏でもかなり冷えてきます。

 

びしょ濡れのままだと風邪をひいてしまうかもしれませんから、タオルや着替えを用意しておく方が良いでしょう!

 

私も何度か乗っていますが、本当にシャワーを浴びたくらいに濡れますので、

事前に濡れても良いように準備したほうが良いですね(^▽^;)

バスタオルや着替えは必須だと思われます(笑)

さらに、ジーンズなどの乾きにくい服は避けたほうがいいです…。

 

特に小さなお子さまと一緒に乗ることを考えている方には、着替えを用意しておくことをおすすめします。

 

荷物については安全バーの部分にカバーがついているので、ちゃんとしまっておけば、濡れる心配はありません。

どうしても気になる方は、ビニール袋などに入れて防水対策をすることをおすすめします。

 

また、びしょ濡れになるのを避けたい方には、レインコートを使用すという選択肢もあります。

乗る前から座席は濡れていますし、気になる方はレインコートを着る方が良いですよ♪

 

Sponsored Link

アクアトピアびしょ濡れコースについての口コミ感想や悩み

アクアトピアのびしょ濡れコースの口コミについてもチェックしていきましょう。

Twitterでは、たくさんのアクアトピアのびしょ濡れコースに関するツイートを発見しました!

 

みなさん、かなりびしょ濡れになっている様子が伝わってきますね。

びしょ濡れになって、思う存分アクアトピアを楽しんでおられるようです。

 

一方で、服や髪がぐしゃぐしゃになり、なかなか乾かずに苦労する方も多いようでした。

 

そのあたりが気になる方はレインコートの着用がマストになってきますね。

 

アクアトピアのおすすめポイントやどのような人にオススメ?

 

アクアトピアは補助なしで座ることができれば、身長制限・年齢制限はともにありません。

小さな子でも一緒に楽しむことができます。

 

みんなで一緒に楽しめるアトラクションなので、小さなお子さんのいる家族でディズニシーに行った際にはかなりおすすめです。

 

さらに夏限定のびしょ濡れコースは暑さも紛らわすことができて、本当に夏向きのアトラクションです。

みんなで一緒に濡れてワイワイ騒ぎたい方にはぜひ乗っていただきたいです。

 

また待ち時間も平均20分~40分程度と、ディズニシー内のアトラクションにしては短めです。

待ち時間が短いのはアトラクションを選ぶうえで、かなりポイントが高くなりますよね。

 

夏のびしょ濡れコースが始まると、もう少し待ち時間が長くなることもあるようですが、それでも60分程度です。

 

それぐらいなら無理なく待つことができると思うので、待ち時間をあまり作りたくないと思っている方にはおすすめします。

 

アクアトピアやびしょ濡れコースについてのまとめ

アクアトピアはライドアトラクションで、小さな子どもでも楽しめる!

夏限定のびしょ濡れコースが存在する!

びしょ濡れコースの濡れ方は想像以上!

 

今回は、アクアトピアについて紹介してきました。

小さな子どもでも楽しめて、家族みんなで一緒に乗れるアトラクションでしたね。

 

夏限定のびしょ濡れコースはかなり人気が高いですが、想像以上に濡れるので、

タオルやレインコートなどの準備をしてから楽しむのが良いですよ!

 

短い間しか楽しめないコースなので、この期間にディズニシーに行かれる方は、ぜひびしょ濡れコースを楽しんできてください。

 

待つ理由がわかるくらい面白いアトラクションなので、

暑い日はこれに乗ってみんなで涼みましょう~(笑)

 

▼アクアトピアの関連記事はこちら▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA