ディズニー裏マニアのインスタフォロワー様60000人突破!ブログでは書いていない最新情報を発信中!

東京ディズニーランドの天気に応じた夏の服装まとめ

東京ディズニーランド 天気 服装

Sponsored Link

レジャーシーズンの夏、ディズニーランドに行く人も多いと思います。

そのとき、皆さんはどのような服装をされていきますか?

 

とりあえず、ちょっとおでかけをするような服装をイメージして、オシャレをして出かけていく方もいらっしゃると思います。

しかし、夏のディズニーランドは、オシャレを優先した服装をした来場者にはつらいところです。

長時間の待ち時間に1日中歩きっぱなし、ショーも日陰で見れるとは限りません(;’∀’)

少しでも快適に過ごせるようにコーディネートも考えなければなりません。

 

確かに、思い出づくりも大切ですが、過ごしやすい服装、動きやすい服装でなければ楽しい思い出も、苦しかった。大変だった。という思い出に変わってしまいます。

 

今回の記事では、夏のディズニーランドの天気に合わせてするべき服装をご紹介させていただきたいと思いますのでぜひ参考にしてくださいね。

東京ディズニーランドが晴れの日の服装

★日焼けの対策、熱中症対策、日射病対策、脱水症対策が必要です。

 

子供の服装

 

この投稿をInstagramで見る

 

.(@coco.petit.shop)がシェアした投稿

夏のディズニーランドは地獄のかまの中のような暑さです。

上からは、太陽の日差しが、下からは日差しによって熱せられたコンクリートの熱気が襲い掛かってきます。

 

なので、帽子は必需品です。

 

そして、なるだけ着替えを持って行き、汗をかいたら、服を脱がせて汗を拭いてあげる。

それがしやすい格好をさせてあげるのが良いでしょう。

 

しかし、だからといって、ノースリーブ一枚だけでいいというわけではありません。

 

太陽の直射日光を浴びると、肌が真っ赤になり、かわいそうなことになってしまいます。

 

なので、ノースリーブの上に、半袖でいいので、何か羽織らせてあげて、

露出する部分には、日焼け止めを塗ってあげるといいでしょう。

 

足元も涼しくしてあげたいということで、サンダルを履かせてあげたいと考える方も

いらっしゃると思いますが、熱気を放つコンクリートの上を

サンダルで歩かせていることは、裸足で熱されたコンクリートの上を歩かせているようなもの。

 

更に、サンダルは脱ぎやすい上に、足を日焼けさせてしまうし、

混雑の中で、人に足を踏まれたりしたら大変です。

 

なので、靴は足を保護してくれる歩きやすい靴をお勧めします。

 

子供におすすめのアトラクションについてはこちら
ディズニーランド子供も楽しめる身長年齢制限が無いアトラクション

 

男性の服装

 

この投稿をInstagramで見る

 

sakaguchi (@_kaz._____)がシェアした投稿

男性の方も、お子さんと同じく、帽子は必需品です。

 

『俺は大人で男だから、ノースリーブ一枚でも大丈夫』

とか思ってはいけません。

 

ノースリーブ一枚で夏の晴れた日のディズニーランドへ行くと、

その日のうちに「この美しい人生よ~♪」と、歌っている人のようになり、

次の日、全身が軽いやけどをしたように、ひりひり痛むことになってしまいます。

 

ノースリーブのような格好に、何か羽織れる半そでの上着を持って行き、

更に、肌が露出する部分には、日焼け止めクリームを塗りましょう。

 

男性でお子さんがいる場合、ディズニーランドに行くと分かると思いますが、

ほとんどの子連れのお客さんが、待ち時間の最中自分の足の上にお子さんを乗せて、

コンクリートの熱さからお子さんを守ろうとしている場面に遭遇します。

(暴れたり、離れたりしないようにしている。というのもあるんですが)

 

そう言う場合や、家族連れでなくても、ファーストパスを求めて走る。

ということもあるので、

 

やはり、靴はスニーカー、もしくは歩きやすく踏まれてもそれほど痛くない靴を履くことをお勧めします。

 

夏はTシャツコーデもおすすめですよ★

 

女性の服装

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@__r_n_k_oo0)がシェアした投稿

女性の場合も、帽子が必需品、格好も、ほぼ、お子様と男性と同じような感じです。

スカートはあまり、長すぎないほうがいいと思います。

(熱気がそのままスカートの中にこもってしまうので)

 

お肌がやけてしまうことを心配する方もいらっしゃる方もいると思いますのでシャツコーデもおすすめ!

帽子の上に、日傘を持っていくのもいいと思います。

(ただし、他の人の迷惑にならないように気をつけてください)

 

日傘は邪魔になるから、嫌だ。という方は、

腕をすっぽり肩まで隠せるアームカバーを付けていくことをお勧めします。

 

暑いから無理、と言う方は、

ディズニーランドに行く前に、日焼け止めクリームを塗りたくり、

更に、鞄の中に日焼け止めクリームを持っていきましょう。

 

Sponsored Link

東京ディズニーランドが曇りの日の服装

★寒く感じるときもあるので、長そでの防寒具の用意と、折りたたみ傘を持って行くといいかもしれません。

 

子供の服装

 

この投稿をInstagramで見る

 

maokico(@maokico_shop)がシェアした投稿

晴れの日とだいたい服装は同じです。

 

しかし、曇っていても、紫外線は地上にきていますので、やはり、帽子はかぶせていた方が良いと思います。

寒く感じる日は、シャツなど羽織るものを持っておくと安心ですね★

 

 

男性の服装

 

この投稿をInstagramで見る

 

フローレス化粧品株式会社(@flawless_silver)がシェアした投稿

晴れの日とだいたい同じです。

しかし、曇っているからといって、サンダルを履いていこうと思わない方が良いです。

 

理由は晴れの日の服装と同じようなものですが、夏のディズニーランドは、水を使ったイベントが多いので、水で濡れたパーク内を歩く場合、サンダルだと滑りやすくなるからです。

 

女性の服装

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hinechi(@hinechi_pageboy)がシェアした投稿

女性の場合も、晴れの日とだいたい同じです。

リネンシャツやリネンワンピなどもおすすめ!

しかし、曇りの日の場合、海が近いディズニーランドは風が強くなることがあるので、

帽子や傘を使っている場合傘が飛ばされないように注意をしてください。

 

Sponsored Link

東京ディズニーランドが雨の日の服装

傘だけでは心元ないので、レインコートも用意すると良いと思います。

 

パーク内で雨具を購入することも出来ますが、けっこうな出費になります。

 

気温も下がるので、タオルや防寒具も忘れずに、防水加工がされた滑りにくい靴を

履いていくのがお勧めですが、ない場合は、靴下の替えを用意するとマシになります。

 

子供の服装

 

この投稿をInstagramで見る

 

kihanan(@kihanan)がシェアした投稿

気温が低いときは、半そでのシャツに長袖の上着、その上にレインコートを着せてあげること、

気温と湿度が高いときは、ノースリーブに半そで上着を着せてあげましょう。

(理想はポンチョ型のレインコート。動きやすいです)

 

しかし、気温が高いと熱気がレインコートの中にこもってしまいますので、気をつけてあげてください。

 

雨にあたり、身体が冷たくなると、風邪をひいてしまうので、

晴れの日と同じように、タオルと着替えを持っていくといいでしょう。

 

長靴を履かせてあげるのも、手だと思いますが、

つるつるの滑りやすい長靴を履かせてしまうよりは、

滑りにくい、防水スプレーなどで防水加工を施したスニーカーなどを履かせてあげた方がよいでしょう。

 

子供におすすめのレストランについてはこちら
ディズニーランドのショーと子供におすすめのレストラン厳選3選

男性の服装

 

この投稿をInstagramで見る

 

saisontourne by nouveaumonde(@saisontourne)がシェアした投稿

お子さんと一緒で、温度湿度をみて、服装を変えてください。

タオル等も一緒に持ち歩くといいでしょう。

 

雨の日は、風が強く吹くこともありますので、傘をさす場合は飛ばされないように気をつけてください。

 

女性の服装

 

この投稿をInstagramで見る

 

duohouse(@duohouse2)がシェアした投稿

女性の場合もお子さんと同じです。

雨の日は足元もぬれやすいのでレインブーツがおすすめ!

お子さまとレインブーツコーデを楽しむのもいいですね♪

 

ただし、雨が強く降っている場合は、「お化粧をしないでいく」という選択をした方が良い場合もあるでしょう。

マスカラをつけていくと、泣いていないのに涙が流れることになってしまいます。

 

こちらの記事も参考にしてみてください♪
ディズニーランド雨の日の楽しみ方!ポンチョでアトラクション!
ディズニーが雨の日での4つの必需品!おすすめの服装や靴も紹介!
ディズニー夏祭りのおすすめの服装は?日よけ対策と水濡れ対策は?

 

Sponsored Link

東京ディズニーランドの天気に応じた夏の服装まとめと注意事項

 

この投稿をInstagramで見る

 

licot リネン服(@licot_linenclothing)がシェアした投稿

最後に、服装について注意を!

それは、夏のディズニーランドに行く場合は、なるべくジーンズは避けるということです。

 

夏のディズニーランドは、水を使ったイベントがおおく、水をひっかけられることもおおいです。

乾きにくいジーンズのズボンを履いていると、下半身がジメジメしたままになります。

 

濡れて涼しいんだから、いいんじゃない?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

日差しによって、ジーンズにしみ込んだ水は温まり、温くなってしまいます。

 

なので、通気性の悪いジーンズは履かずに、通気性がよく、すぐに乾く麻などの生地で出来た服を着ることをお勧めします。

 

もちろん、水がかからない場所で見る場合はジーンズでも構いません!

ショーをメインにしたい時は乾きやすい洋服、または着替えを持参するのがおすすめです。

夏のディズニーランドに行く場合は以上の事を参考にしてお出掛けください。

 

おすすめの冬の服装についてははこちら♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA