ディズニー身長制限のアトラクションまとめ!靴で底上げするのは禁止?

この記事は9分で読めます

Sponsored Link

小さな子どもから大人まで、みんなが大好きなディズニーリゾー

パーク内を歩いていると、やはり家族連れできている人たちを多く見かけます。

 

そんなディズニーパークでの楽しみは、なんといってもアトラクション☆

 

行く前から「あのアトラクションに乗りたい!」等計画を立てている方も多いはず。

私もディズニーに行く際は、「今回はこのアトラクションに乗りたい!」等目標のアトラクションがあることが多いです。

 

しかし、小さな子どもがいる方が注意しなければいけないのは、“アトラクションの身長制限”。

 

ディズニーパークのアトラクションは、ゲストが安全に楽しめるよう、一部アトラクションに身長制限を設けているのです。

 

事前に把握しておくことで
  • 子どもがどのアトラクションが乗れるのかを事前に把握でき、計画が立てられる
  • 身長チェックのシステムが分かり、パーク内でもスムーズに行動できる
  • 子どもが新しいアトラクションに挑戦できる

等、パークでの一日を満喫するために役立てることが出来ます☆

 

今回は、ディズニー身長制限のアトラクションの種類や基準等、また、「子供の身長がわずか1,2cm足りない…」靴で底上げするのは禁止されているの?」等の疑問についても検証していきます☆

当サイトのLINE公式アカウントでディズニー裏マニア監修・電子書籍を無料プレゼント中!↓↓

Sponsored Link

ディズニー身長制限のアトラクションまとめ!ランドとシーのアトラクションをまとめて紹介

ディズニー身長制限のアトラクションまとめ
ディズニーランド
  • ベイマックスのハッピーライド(81cm以上)
  • スプラッシュマウンテン(90cm以上)
  • ガジェットのゴーコースター(90cm以上)
  • ビッグサンダーマウンテン(102cm以上)
  • スターツアーズ(102cm以上)
  • スペースマウンテン(102cm以上)
ディズニーシー
  • ニモ&フレンズ・シーライダー(90cm以上)
  • フランダーのフライングフィッシュコースター(90cm以上)
  • ソアリン:ファンタスティックフライト(102cm以上)
  • タワー・オブ・テラー(102cm以上)
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー(117cm以上)
  • レイジングスピリッツ(117cm以上)
  • センター・オブ・ジ・アース(117cm以上)

 

ディズニーランドにある身長制限のアトラクション

 

この投稿をInstagramで見る

 

Romchannel(@romchannel39)がシェアした投稿

81cm以上
  • ベイマックスのハッピーライド
90cm以上
  • スプラッシュマウンテン
  • ガジェットのゴーコースター
102cm以上
  • ビッグサンダーマウンテン
  • スターツアーズ
  • スペースマウンテン

 

ディズニーシーにある身長制限のアトラクション

 

この投稿をInstagramで見る

 

‘’(@tsubasan0924)がシェアした投稿

90cm以上
  • ニモ&フレンズ・シーライダー
  • フランダーのフライングフィッシュコースター
102cm以上
  • ソアリン:ファンタスティックフライト
  • タワー・オブ・テラー
117cm以上
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー
  • レイジングスピリッツ
  • センター・オブ・ジ・アース

 

身長制限の種類は、ランドは81cm、90cm、102cmの三種類シーは90cm、102cm、117cmの三種類。

つまりランドは102cm以上シーは117cm以上あれば全てのアトラクションに乗ることができます。

 

シーの方が、ランドに比べて大人向けの絶叫アトラクションが多い分、身長制限もランドには無い117cm”があります。

縦揺れに加えて横揺れが加わったり、高所を走るものになると身長制限が厳しくなる傾向があるようです。

※新しいアトラクションが追加される場合もありますのでご了承ください。

 

お子さま連れの方はこちらも参考にしてみてください☆

 

ディズニー身長制限のアトラクションは靴で底上げするのは禁止?

靴や詰め物で底上げするのはダメ!!

ディズニーに行く前に試しに子供の身長を測ってみたら、制限に数センチ足りない…なんてこと、ありますよね。

でも、せっかく行くディズニー旅行。楽しみにしている子どものためにもなんとか乗せてあげたい!と誰もが思うはず。

そこで『靴や詰め物で底上げする』という方法を思いついちゃいますよね。

 

「数センチなら大丈夫でしょ」「靴は脱がないしバレないよね」「子供にもこのアトラクション乗せてあげたい」なんて思うのもわかります。

でもキャストさんはちゃんと見てます。

明らかに底が厚ければそれを加味してクリアしているかをチェックするかもしれませんし、もしかしたら靴を脱いで測ることになるかもしれません。

 

なぜなら『お子様や他のゲストに危険があってはいけないから

 

底上げした靴で乗り物に乗っても本当は足が届かないかもしれないし、安全バーがギリギリかもしれない。

詰め物をしていて緩くなった靴が脱げて飛んでいってしまうかもしれない。

 

少しの危険も排除して、安全にアトラクションを楽しんでもらうために設けている身長制限です。

せっかくのディズニーだから子供にもたくさんアトラクションを楽しんでもらいたいという気持ちは当然ですが、そのために何か起きてしまっては意味がありません。

 

もちろん裸足で遊びに行くわけではないので、靴のデザイン等で多少の底上げはあると思います。

身長制限もそのことを考慮して定められていると思います。

 

その上で「基準に満たないから今回は乗れません」となってしまった場合は、残念ですがその時はキャストさんの指示に従って諦めましょう。

キャストさんだって意地悪をしたくてお断りしているわけではなく、『安全のため』指示をしてくれています。

その時は悲しいかもしれませんが、いつか乗れるようになったら「前は小さくて乗れなかったのに大きくなったね」と嬉しい思い出に変わるはず!

 

身長制限をクリアすると、子どもの腕に紙のバンドをつけてもらえます。

これはその身長制限をクリアしました!という証なので、一日つけていれば同じ身長制限があるアトラクションを利用する際も、チェックなしで乗ることが出来ます!

キャラクターが書かれたかわいいバンドなので、子どもも喜んで一日つけてくれますよ♪

いつかこのバンドをつける時は親も嬉しい気持ちになるはず!

 

子どもに沢山のアトラクションを乗せてあげたい気持ちもとっても分かりますが、安全の為にも無理はしない、ということを頭に入れておきましょう☆

 

Sponsored Link

ディズニー身長制限のアトラクションの基準と注意事項は?年齢制限はないの?

ディズニーの身長制限があるアトラクションを先程まとめましたが、ディズニーにあるジェットコースター系アトラクションの多くに身長制限がついています。

また、その動きがより速くなったり激しくなるものほど、身長制限も厳しくなっていることが分かります。

 

そこでふと疑問に思うのが、身長制限はあるけど、年齢制限はないの?ということ。

 

実は、ディズニーのすべてのアトラクションで年齢制限を設けているものはありません。

身長制限があるアトラクションとは別のアトラクションですが、一部では、赤ちゃんでも保護者の膝の上に座り楽しむことができるのです。

 

ただし、ここで注意点

ディズニーの公式HPにも書かれていますが、7歳未満の場合は16歳以上の同伴者が必要なのです。

せっかく身長制限はクリアしたのに、一人では乗れない…なんてことにならないよう、7歳未満の場合は必ず16歳以上の同伴者と利用するようにしましょう☆

またアトラクションによっては、身長制限だけでなく高所が不安な人乗り物酔いしやすい人には利用を避けるよう指示しているものもあります。

 

ディズニーリゾ-トの公式HPであらかじめチェック出来ますので、旅行前に乗りたいアトラクションを調べておくと安心して利用できますよ☆

東京ディズニーリゾート公式HP

 

ディズニー身長制限のアトラクションについての口コミ評判をまとめて紹介

  • 90cmの身長制限ついにクリアできた!
  • 子供の身長が伸びて乗れるアトラクションが増えて嬉しい!
  • 身長制限クリアして今回から全てのアトラクションが乗れる!
  • ランドの全アトラクション身長制限クリア!
  • レイジングスピリッツで身長制限に引っかかった
  • ランドかシーで悩んだけどやっぱりランド
  • ソアリン身長制限で乗れないからランドかな・・・
  • 息子の身長が足りなくてセンターオブジアース長らく乗ってない・・・

「子供の身長が足りなくてアトラクション乗れない・・・」「シーよりランドの方が子供が乗れるアトラクションが多いから行くならランドかな」という意見が多く見られました。

しかし一方で「ついに身長制限がクリアできた!」「全部のアトラクションが乗れるようになった!」など以前は乗れなかったけど、乗れるようになって子供の成長を実感したという口コミもたくさん見られました♪

 

実際にTwitterの口コミも見てみましょう☆

こどもの身長が伸び乗れるアトラクションが増えると、本人だけでなく親も嬉しいですよね。

そして「もうこのアトラクションに乗れるほど大きくなったんだ~」と子どもの成長を実感することも…(私も甥っ子とディズニーに行くと、毎回大きくなったな~と感じます笑)

 

90cm、102cmの身長制限は知ってる人が多い一方、ディズニーシーにのみある117cm制限はあまり知られていない様子。

また、身長制限が低めで乗れるアトラクションの多いディズニーランドに行くという意見も。

私の友人も以前、ファストパスを取って向かったアトラクションで子どもの身長が足りず、乗れなかった…なんてこともありました。

そんな残念な思いをしないよう、事前にしっかりと身長制限を把握をして行きたいですね☆

 

ディズニー身長制限のアトラクションを遊ぶ際におすすめしたい2つのポイント☆

身長が足りない子どもがいる家族が利用できる“交代利用サービス”

「身長が足りない子どもがいるため、自分たちもアトラクションに乗れない…」

そんな家族のために用意されているのが“交代利用サービス”。

2名以上の保護者(同伴者)が交互に利用できない子どもに付き添うことで、アトラクションを利用できるというもの。

アトラクションの入り口でキャストに申告すると、最初に乗る人は通常通り列に並び、次に乗る人は先に乗った人と交代で待ち時間少なく乗ることができるのです。

小さなお子様がいる方には、是非利用してもらいたいサービスですね☆

交代利用についてはこちらで詳しくご確認ください。

 

ベビーカーのレンタルを考えている方はこちらを参考にしてみてください!

 

身長チェックしてもらう時間帯は【朝がおすすめ】

人間の身長は一日の中でも多少変化します。その中でも身長が高めなのが朝!

寝ている間には背骨にかかる圧力が少ないため、その分身長も若干ながら高めになるそうです。

 

事前にチェックしてもらうなら、朝パークに入って一番にチェックしてもらうのがおすすめですよ☆

ちなみに身長チェックは、ランド、シーと共にインフォメーションボードでもお願いできます。

 

エントランスに近めなので、朝一番でチェックしてもらいバンドをつけてもらえば、その後もスムーズに周れそうですね!

 

↓ディズニーランドのインフォメーションボード場所

ディズニーランドのインフォメーションボード場所

 

↓ディズニーシーのインフォメーションボード場所

ディズニーシーのインフォメーションボード場所

 

お子さま連れの方はこちらの記事もオススメです☆

 

ディズニー身長制限のアトラクションについてのまとめ

ディズニーで身長制限のあるアトラクション
ディズニーランド ・ベイマックスのハッピーライド(81cm以上)
・スプラッシュマウンテン(90cm以上)
・ガジェットのゴーコースター(90cm以上)
・ビッグサンダーマウンテン(102cm以上)
・スターツアーズ(102cm以上)
・スペースマウンテン(102cm以上)
ディズニーシー

・ニモ&フレンズ・シーライダー(90cm以上)
・フランダーのフライングフィッシュコースター(90cm以上)
・ソアリン:ファンタスティックフライト(102cm以上)
・タワー・オブ・テラー(102cm以上)
・インディ・ジョーンズ・アドベンチャー(117cm以上)
・レイジングスピリッツ(117cm以上)
・センター・オブ・ジ・アース(117cm以上)
ディズニー身長制限のアトラクションについてのまとめ
  • ランドは6個、シーは7個のアトラクションに身長制限あり
  • ランドは102cm以上あれば全アトラクション体験可能
  • シーは117cm以上あれば全アトラクション体験可能
  • 靴での身長底上げは危険が伴うため不可
  • 年齢制限はないが、7歳未満は16歳以上の同伴が必要
  • 身長制限がある分、子どもが大きくなり今まで乗れなかったアトラクションに乗れるようになった時は、本人だけでなく家族の喜びも大きい!
  • 大人が2名以上いるなら“交代利用サービス”も活用しよう
  • 身長を測ってもらうなら朝イチに!

 

今回は、ディズニー身長制限のあるアトラクションについて、また靴での底上げは可能なのか、についてご紹介しました。

 

せっかく行くなら、子どもをより多くのアトラクションに乗せてあげたい。

その想いから少しでも靴の底上げをして身長制限をクリアしたい!と思うこともあるかもしれません。

 

しかし実際の身長が足りていないと安全バーが届かなかったり、底上げで緩くなった靴が飛んでいってしまうなどお子様や他のゲストに危険が及ぶかもしれません。

危険が起きず安全にアトラクションを楽しむための身長制限です。

キャストさんの指示に従って、楽しく安全にアトラクションを楽しみたいですね。

 

「せっかく行ったのに乗れなかった・・・」という思い出にするのではなく「今はこれしか乗れないけど大きくなったらいっぱい乗ろう!」という気持ちで、今しかできない楽しみ方をしてみるのも楽しいはず!

子供が成長して再度遊びに行った時、乗れなかったアトラクションに乗れるようになっていると子どもの成長への実感も大きくなりますよ。

 

ディズニーでは大人が2名以上いれば『アトラクションの交代利用サービス』というものもあります。

身長制限により子供が乗れないアトラクションでも、交互に子供に付き添うことで大人がアトラクションを楽しむことができるサービスです。

「子供がいるから身長制限のあるアトラクションは諦めなければいけない・・・」なんてことはありませんので、ぜひ利用してくださいね。

 

この記事を読んで事前に身長制限のあるアトラクションを把握し、楽しくパークを回れる方法を準備できるお手伝いができたら嬉しいです。

みんなが楽しく安全に一日を過ごせるよう準備をして、素敵なディズニー旅行にしましょう☆

この記事を読んだ、あなたにおすすめの記事はこちら☆

▼ガイドブックでディズニーを完全制覇☆▼
ディズニーガイドブックおすすめ2021!TDLとTDSを完全網羅!子供用や荷物の多い人向け!


▼実写版わんわん物語やムーランはディズニープラス独占配信♪▼
【最新】ディズニープラス作品ラインナップ一覧!無料期間とキャンペーンを利用してお得に映画を観よう


▼ディズニーであなたが持っていくべき持ち物を事前にチェック!▼
ディズニーの持ち物リスト!子連れディズニーで持っていくと便利な物厳選7選!


当サイトのLINE公式アカウントでディズニー裏マニア監修・電子書籍を無料プレゼント中↓↓

Sponsord Link

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

参考になりましたらツイッターやフェイスブックでシェアをしていただけると非常に嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ディズニー周辺の家族向けやカップル向けの格安ホテル情報はこちら

USJへ行く人はこちらのブログも参考にしてね

このブログについて

このブログでは、TDLやTDSのディズニーリゾートについてのお得な情報や裏技など色々な情報を紹介しています。

ディズニーリゾートに行く方にとって参考になればとても嬉しいです♪

記事の内容が役に立った場合はSNSなどでシェアしていただければ非常に嬉しいです。是非よろしくお願いいたしますm(_ _)m

もしわからない事があれば調べますのでお問い合わせくださいね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人気ブログランキング参加中

カテゴリー

ディズニー裏マニア公式ツイッター

アーカイブ