ディズニーのアトラクション内で写真動画撮影は可能?自撮り棒の使用はNG!

この記事は6分で読めます

Sponsored Link

インスタ映えという言葉があるように最近では写真への捉え方も変化してきていますよね。

ディズニーでもその影響は大きく、アトラクションやショーを楽しむとともにディズニーでしか撮影できない背景を使って写真撮影をすることが楽しみのひとつでもあるという人も増えてきています。

 

「みんなとは違う写真が撮影したい!」

「思い出に動画を撮影しておきたい!」

そんな気持ちでディズニーに来ている人も多いのではないでしょうか?

 

ディズニーと言えば街並みも素敵でひとつひとつのモノや場所がインスタ映えスポットといっても過言ではありません!

「できるならアトラクション内でも撮影したい!」と思っている人も多いですよね。

 

そこでここでは、

  • アトラクション内での写真・動画撮影は可能なのか?
  • 自撮り棒などの使用は許可されているの?

など写真撮影に関するみなさんの疑問を解決していきましょう!

 

この記事はこんな人におすすめです!

◆ディズニーで写真撮影をしたい人

◆ディズニーのアトラクション内で写真撮影を考えている人

 

ディズニーのインスタ映え写真スポットについてはこちらの記事もおすすめです☆
ディズニーのインスタ映え写真の人気場所10選!シーとランドどっちがオススメ?
ディズニーランド&シーのハロウィン写真撮影人気スポット厳選10選
Sponsored Link

ディズニーランド&シーのアトラクション内で写真動画撮影は一部のアトラクションに限り可能です!

ディズニーは街並みや食べ物などインスタ映えするスポットがたくさんありますが、来園した思い出もこめてアトラクション内での撮影もしたいと思う人も多いと思います。

 

しかし、「そもそもアトラクション内って撮影してもいいの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

 

ディズニーでは、安全ベルトや安全バーがあるアトラクションは基本的に写真撮影は禁止されていますが一部のアトラクションでは撮影が許可されています。

場所によっては注意事項がありますので以下の表を参考にしてくださいね!

※記載されていないアトラクションについては特に禁止事項はありません。

 

東京ディズニーランド

カントリーベア・シアター フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
蒸気船マークトウェイン号
トムソーヤ島いかだ
ウエスタンリバー鉄道 トンネル内でのフラッシュは禁止
カリブの海賊 フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション
魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!” フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
スティッチ・エンカウンター フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
グーフィーのペイント&プレイハウス フラッシュは使用禁止
ミッキーのフィルハーマジック フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
ホーンテッドマンション フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
イッツ・ア・スモールワールド フラッシュ・液晶画面の使用は禁止

 

東京ディズニーシー

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
マジックランプシアター フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
キャラバンカルーセル フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
海底2万マイル フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
タートル・トーク フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
ビッグシティ・ヴィークル
ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

 

アトラクション内撮影での注意事項!

  1. 上記に記載した写真撮影が可能なアトラクションにおいてルールが変更している場合がありますので必ずキャストさんに確認するようにしましょう!
  2. 安全バーやシートベルトがあるライド系のアトラクションでは写真撮影は絶対にしないでください!
  3. 上記に記載している「液晶画面の使用禁止」の場合はスマホを含む場合がありますので必ずキャストさんに確認するようにしましょう!
  4. フラッシュ撮影など周りのゲストに迷惑がかかるような行為は絶対にやめましょう!
  5. アトラクション内で撮影した動画をYouTubeに投稿するのは別問題!必ずディズニーリゾートに問い合わせをするようにしましょう!

 

ディズニーでは自撮り棒は基本的に禁止されていますがルールを守ればOKとされています

ディズニーリゾートの公式サイトでは、「ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚・三脚・自分撮りスティック等の補助機材の使用の禁止」が記載されていますので基本的には自撮り棒使用は禁止されています。

 

ですが!

パーク内を見渡すと使っている人もいると思っている人も多いと思います。

 

ではどうして禁止なのに使っている人がいるのかというと、禁止事項にある”ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き”という部分なのだと思います。

ハンディサイズのグリップアタッチメントであれば使用可という事ですから、伸ばさずに手のひらサイズの長さであれば自撮り棒はハンディサイズと認められるようです。

実際に自撮り棒を長くし撮影していたゲストがキャストさんに「短くして使用してください」と言われたという話もあります。

 

ディズニー側としては、他のゲストにとって迷惑や危険とされるような行為は禁止していますから1メートルほど伸びる自撮り棒も他のゲストへの迷惑・危険行為として位置付けているのではないでしょうか。

ですから、個人的には自撮り棒の使用は控えた方がいいのではないかと思いますがどうしても使用したいという人は必ず手のひらサイズの長さで使用するようにしてくださいね!

 

可愛くて使いやすいおすすめの自撮り棒(セルカ棒)はこちらをチェック☆

 

自撮り棒は全員が写真におさまるというメリットもありますからどうしても使いたいと思いますが、キャストの方は写真撮影に非常に協力的ですし素敵な写真を撮影してくれますからキャストさんにお願いするのが一番いいと個人的には感じています。

Sponsored Link

ディズニーでの写真・動画撮影をしたい人の3つの疑問やお悩みを解決!

Q1.ディズニーの写真や動画がSNSでアップされていますがマナー違反ではないかと感じることが多いのですが…

ディズニーで撮影された写真はどれも素敵な写真が多いですが、中にはマナー違反ではないかと首をかしげてしまうものも多いですよね。

 

ディズニーでは他のゲストの迷惑行為になるような事は原則禁止とされています。

最近人気スポットとなっているトゥーンタウンにある音の出る木箱は通常座ったり登ったりしてはいけませんが、ルール違反をして写真を撮影する人が増えているのも事実です。

 

ルール違反とならないよう以下の事を守って写真や動画を撮影するようにしましょう!

  • オブジェには登ったり座ったりしない
  • 自撮り棒は短くして撮影する
  • 真ん中に座ったり寝転んだりして撮影しない
  • 人気スポットで時間をかけて撮影しない
  • 他のゲストが迷惑だと感じるような撮影はしない

 

Q2.キャストさんに写真撮影をお願いすると断られるって本当ですか?

私も何度もディズニーに行きキャストさんに写真をお願いしていますが今まで一度も断られた経験がなくみなさん快く引き受けてくれます。

 

しかし、キャストさんにはキャストさんのお仕事があります。

手が離せない時は断られる場合もあるかもしれません。

写真をお願いする時はお願いする側が配慮するようにしたいですね。

 

Q3.どうしてフラッシュ撮影してはいけないのでしょうか?

ディズニーではショーやアトラクションなど写真・動画撮影が許可されている場所はありますが、ほとんどがフラッシュ撮影を禁止しています。

これは光が演出のひとつとなっているからです。

 

フラッシュの光がその演出を台無しにしてしまうこともありますし、ダンサーさんなども予想されていない光があると怪我をしてしまったり高いパフォーマンスが発揮できなくなってしまう場合もあります。

肉眼で見て綺麗だ、華やかだと思ってもらえるように演出しているわけですからフラッシュの光で邪魔をすることがないようにしましょう。

 

ディズニーのアトラクション内で写真動画撮影は可能?自撮り棒も利用できる?まとめ

内容まとめ

◆ディズニーの一部のアトラクションで写真・動画撮影ができる!

◆ルールが改正されている場合もありますからアトラクションで撮影したい場合はキャストに尋ねるようにしましょう!

◆ディズニーで写真・動画を撮影する場合は必ずルールを守って撮影するようにしましょう!

◆ディズニーで撮影した動画をYouTubeに投稿する際は必ずディズニーリゾートに確認しましょう!

◆フラッシュ撮影はショーやアトラクションの演出を台無ししてしまう場合もありますから禁止されているアトラクションでは必ず守るようにしましょう!

◆自撮り棒は原則禁止されていますが短くすれば使用可能です!

 

「ディズニーのアトラクションで写真や動画を撮影してもいいのか?」という疑問も多かったので調べてみたところディズニーでは、一部のアトラクションで写真・動画撮影ができるという事がわかりました。

ただし、安全バーやシートベルトを着用するライド系のアトラクションについては危険を伴うため禁止となっているようですね。

 

撮影が許可されているアトラクションにおいても、フラッシュ撮影や液晶画面の禁止など注意事項がある場合も多いので写真や動画を撮影したい場合は必ずキャストさんに尋ねると安心ですね(*”▽”)

 

写真や動画を撮影する場合の注意事項としては、必ずルールを守って撮影するということです!

オブジェに乗ったり、他のゲストが迷惑だと感じるような撮影の仕方はしないようにしましょう。

 

また撮影が許可されているからと言ってYouTubeなどに投稿することとは別です!

著作権の問題などもありますから投稿したい場合は必ずディズニー側に確認するようにしましょう。

 

大人数での撮影や背景を入れたい場合に便利な自撮り棒ですが、ディズニーでは原則禁止されていますがハンディサイズにおさまるようなものは可能となっています。

自撮り棒は長くすると他のゲストに危険を伴う事もありますからどうしても使いたい場合は、短くして使うようにしましょう。

 

ディズニーは街並みも素敵ですしインスタ映えするスポットもたくさんありますから写真を撮影するにはおすすめです。

写真や動画を撮影することで思い出として残すことができますし、素敵な写真は待ち受け画面にしたり、年賀状にしたりと使い道もたくさん!

素敵な思い出が残せるようにルールを守ってたくさん素敵な写真を撮影してくださいね。

 

ディズニーのインスタ映え写真スポットについてはこちらの記事もおすすめです☆
ディズニーのインスタ映え写真の人気場所10選!シーとランドどっちがオススメ?
ディズニーランド&シーのハロウィン写真撮影人気スポット厳選10選

この記事を読んだ、あなたにおすすめの記事はこちら☆

ディズニーガイドブックおすすめ2018!TDLとTDSを完全網羅!子供用や荷物の多い人向け!

ディズニーでベビーカーのレンタルは何歳まで?持ち込みが邪魔で盗難が心配な人に魅力的なアイテムを紹介!

ディズニーの持ち物リスト!優先度が高いあなたが持っていくべき最適な物厳選5選!

Sponsord Link

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

参考になりましたらツイッターやフェイスブックでシェアをしていただけると非常に嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ディズニー周辺の家族向けやカップル向けの格安ホテル情報はこちら

USJへ行く人はこちらのブログも参考にしてね

このブログについて

このブログでは、TDLやTDCのディズニーリゾートについてのお得な情報や裏技など色々な情報を紹介しています。

ディズニーリゾートに行く方にとって参考になればとても嬉しいです♪

記事の内容が役に立った場合はSNSなどでシェアしていただければ非常に嬉しいです。是非よろしくお願いいたしますm(_ _)m

もしわからない事があれば調べますのでお問い合わせくださいね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人気ブログランキング参加中

カテゴリー

ディズニー裏マニア公式ツイッター

アーカイブ